自宅で家族が死亡した時の連絡先は救急車?警察?絶対にしてはいけないこととは

終活

仕事から帰ってきたら祖母が意識を失い倒れていた…。

朝起きたら夫が息をしていなかった…。

突然訪れる大切な家族の一大事。そんなときに冷静でいられる人はなかなかいないでしょう。

パニックになって当然です。(うちもそうでした)

自宅で家族が亡くなった場合にとれる方法は三つです

  1. かかりつけ医に来てもらう
  2. 救急車を呼ぶ
  3. 警察に連絡を入れる

以下、それぞれの場合の対処法を解説します。

スポンサーリンク

自宅で死亡した場合

かかりつけ医がいる場合

かかりつけ医とは、自分の住んでいる地域で健康に関することを何でも相談したり診察してもらえる身近な医師のことを言います。

近年は在宅医療の進歩、在宅での終末医療の体制の整備もあり、自宅療養や在宅介護をされている方も多いと思います。

自宅療養や在宅介護をされている方であれば、かかりつけ医がいることがほとんどですので、自宅で危篤状態になった場合や息を引き取られた場合は、まずかかりつけ医に連絡を入れて自宅まで来てもらいましょう。

死因が療養中の疾患によるものだと判断されると「死亡診断書」を発行してもらえます。

「死亡診断書」が発行されれば、葬儀社に連絡し葬儀の手続きを進めるながれになります。

ただ、かかりつけ医と一言で言っても、入院設備のないクリニックだったり往診をしていない医療機関だと、24時間365日あいているわけでは無いですよね。

もしも危篤状態になったのが年末年始や休日だったら、医師は来てくれないでしょう。

かかりつけ医にはあらかじめ、危篤時にはどのような対応になるのか、家に来てくれるのか、もしも自宅で亡くなった時は死亡診断書を書いてもらえるのかなど相談しておきましょう。

かかりつけ医がいない場合

かかりつけ医がいない場合は、外見から明らかに死亡が確認される場合以外は救急車を呼びましょう。

家の前に停車する救急車

その場合は、病院で亡くなった場合と同じように、病院で死亡確認がなされ、死因が特定できれば「死亡診断書」を発行してもらえます。

ただし、死因が特定できない様であれば行政解剖が行われる場合もあります。

救急車を呼ぶ基準は?

  • 意識がない、声かけに反応しない
  • もうろうとして普通にしゃべれない、おかしい
  • 顔色・唇の色が悪く、呼吸がよわい
  • 冷たくなっている
  • 呼吸が止まっている
  • 脈・心臓が止まっている

上記にあてはまる場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

走行中の救急車

救急車を呼ぶ基準は、消防庁の救急車利用マニュアルに記載されていますので、参考にしてください!

大人と小児別のマニュアルpdfもあるので、いざという時のためにプリントアウトして家族が見えるところに貼っていると安心です。

救急車を呼ぶべき症状(大人編)
すぐに救急車を呼ぶべき症状(小児編)

出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/

もしも救急車を呼ぶかの判断に迷った時は、まず救急相談センター「#7119」にダイヤルして案内を受けるという方法もあります。

警察が介入する場合は遺体を動かさない

最後にぜったいにしてはいけない事です。

それは、遺体を動かさないことです!

外見から明らかに死亡している場合は、ぜったいに体に触らずそのままの状態にしておいてください。

外見からというのは

  • 腐敗している
  • 変色して、死斑が出ている
  • 体が分離している
  • 白骨化している

などです。(書いていてこわくなりました)

このような場合は、警察を呼びましょう。

最近は高齢で一人暮らしの方の孤独死も問題になっています。

高齢で一人暮らしのご家族がいて離れて暮らしている場合は、マメに連絡を取れるようにしておくといいですね

上記は死亡から数日たった場合などが多いと思います。

さっきまで生きていた家族が家で亡くなっていて、外見からは判断できない、数時間前までは元気だったという場合は救急車を呼びましょう。

自分では判断できないし、どうせならすぐに救急車を呼んだ方が早いと思うかもしれません。

救急隊が自宅に到着したとしても、そこで死亡していると判断されれば病院に救急搬送されることはなく、救急隊員から警察に連絡が行くことになります。

明らかに死亡している場合は救急車には乗れないのです。

自宅で亡くなった場合は事件性が疑われるため警察が介入することになり色々な負担は生じますが、死亡しているのに救急車を呼んでしまった場合と比べると、救急車を待つことや救急隊員の対応がない分スムーズに進みます。

警察官

遺体を動かすことで証拠隠滅を疑われる可能性もありますし、警察が速やかに間違いなく検視を行うためにも遺体は動かさないで待ちましょう。

風呂場やトイレなどで亡くなった場合など、故人を気づかって服を着せたり、楽な姿勢にしてあげたいと布団へ寝かせてしまう方がいますが要注意です。(気持ちはわかります(´;ω;`))

原則、遺体には触らない。

これは覚えておいてください。

警察による現場検証と検視が行われ、殺人の疑いなど特に問題がなければ「死亡診断書」の代わりに「死体検案書」を発行してもらえます。

仮にその場で死因の特定ができず、事件性がないことも確認できなかった場合は、その死因が特定できるまで細かに調べる必要があります。

遺体は監察医務院やそれに準ずる大学病院などの施設に搬送されることになっていきますが、専門的な知識を持った法医学者の不足から司法解剖の件数は少ないようです。

ドラマ等でよく観ますが、実際にはそんなに頻繁に行われているわけではないようですね。

まとめ

家族が自宅で亡くなった場合、病院で亡くなるのに比べてやるべき手続きが増えます。

かかりつけの医療機関の有無だけでなく、医師がどこまで対応してくれるのかによって事情が異なってくるので、前もって一連の流れを把握しておくといいでしょう。

急な死亡は予測できませんが、自宅で看取る予定がある場合は、いざという時のために信頼できるホームドクターを見つけておくと安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました