効果あり?ハウスダストとスギ花粉の舌下免疫療法の治療記録。

健康

2021年から、花粉症とハウスダストアレルギーの舌下免疫療法の治療を始めました。

長年苦しんだアレルギー症状は改善したのか?!

私の治療の経過記録です。

スポンサーリンク

はじめに

舌下免疫療法は8割の人に何らかの改善効果があるそうです。

しかし裏を返せば2割には効果がない可能性…。

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎と付き合い数十年。気づけば花粉症発症。

耳鼻科、皮膚科でアレルギーを抑える薬、痒み止めで症状をコントロールしてきました。

重度のアレルギーつらつらな私は、改善する8割に入れるのか?

それとも改善しない2割になり、これからも辛い人生を送るのか…?

望みをかけて2021年5月から、舌下免疫療法を開始。

2021年5月〜ハウスダストの舌下免疫療法ミティキュア開始。

2021年9月から、スギ花粉の舌下免疫療法シダキュア開始。

ハウスダストの薬ミティキュアはいつからでも開始できますが、スギ花粉の薬シダキュアは、スギ花粉が飛散していない時期にしか開始できません。舌下免疫療法を始めるには他にもいくつか条件があります。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

治療の経過

2021年5月

花粉症とアレルギー性鼻炎の治療で長年お世話になっている耳鼻科に、舌下免疫療法のポスターが貼ってありました。

何となくその日の受診時に先生に聞いてみました。

私「ほぼ通年、鼻の症状に悩まされています。その苦しみから少しでも解放されますか?」

先生「舌下免疫療法は一年目から効果出ている人もいるよ」

…ほんとに…?

その後、看護師さんからも話を聞きアレルギー体質とおさらばするために舌下免疫療法をすることを決意しました。

2021年6月

ハウスダストアレルギーもスギ花粉症もある私は、ハウスダストの舌下免疫療法から始めることにしました。

ドクター曰く、「ハウスダストは年中だからそっちから治療してみたら?」と。

ハウスダスト(ダニ)アレルギーの薬はミティキュアといいます。

飲み始めてやっと1ヶ月経過。

ハウスダストへの効果は、まだわかりません。

2021年7・8月

月に一度耳鼻科に通院しています。毎日ひたすら薬を飲むのみです。

症状改善に向けて…。

ハウスダストへの効果は、目に見えてはわかりません。気にしたのはとにかくほこりを吸わないように避ける。そして黙々と毎日ミティキュアを摂取することです。

ひさまぁ
ひさまぁ

この頃は慣れて来て、薬を飲むのを忘れる日も出て来ました…。

慣れってコワイ。

2021年9月

ハウスダストの舌下免疫療法を始めてから3ヶ月経過。

いよいよ今月から、スギ花粉の舌下免疫療法も併用で始まります。

初めての薬の飲み方は、こちらの記事を参考にしてください。

2021年10・11月・12月

特に変わり映えすることなく、ミテキュア5ヶ月目。シダキュア2ヶ月目に突入です。

花粉の飛散は今の時期が一番落ち着く季節みたいです。

花粉の原因となる植物の開花期表

スギ花粉の時期になるまでは、シダキュアの効果は検証できません。

ハウスダストに関しては、以前より改善している感じがします!

2022年1月

そろそろスギ花粉の飛散情報が気になってくる季節です。

2022年2月

やって来たスギ花粉の時期。Twitter上でも花粉の話題でいっぱいです。

しかし、今年の私はいつもと違う!!なんか違う!!

え?効いてる?薬効いてる!

と言っても鼻炎の症状はあるので、花粉だけじゃなく黄砂やPM2.5など辛いのは辛い。

花粉の症状がいつもより出なかっただけ、少しマシに感じました。

スギ花粉治療、1年目で効果出てる!!

2022年3月

なんか症状軽い♪とウキウキしているのも束の間…。

来た…、やつが来た。そうヒノキ。

スギには効果あっても、ヒノキには効かんのかーい!💢

(スギ花粉症の舌下免疫療法をすることで、ヒノキにも多少の効果は認められているそうです。私は感じなかったT^T)

今年のヒノキ、すごかったですねT_T

しかし、毎年スギの時期からヒノキの時期までマックスで苦しんでいる私としては、苦しむ時期は短く済みました。

2022年4月

花粉はぼちぼち治まってくる4月。

今年の花粉症の時期を振り返ってみると、抗アレルギー薬を飲む頻度は減りました。

いつもだったら、毎日飲んでないと生活に支障が出るほど。

しかし、今年は3月の終わりから蕁麻疹が出て4月になっても治らず、皮膚科にて抗アレルギー薬(ベポタスチン錠)を処方されました。

2、3月の花粉、ハウスダスト共に症状は軽かったが、4月は蕁麻疹の薬によって抑えられている可能性…。

2022年5月

ミティキュアを服用し始めてついに1年が経過しました。

初めてのスギ花粉の時期が思ったより症状が軽く済んだので、喜びを耳鼻科の先生に報告。

しかしヒノキ花粉の時期は症状がひどかったことを伝えると、まだヒノキに対する薬はないからねぇ、と。

こんなに時間と労力をかけても、花粉に悩まされない体を手に入れるのは難しいのか…。

え?スギ花粉が治った頃にヒノキ花粉の薬が出て、ヒノキの治療するの?

そんなのめんどくさくて嫌だ!

2022年6月

蕁麻疹も落ち着いて来て、今は抗アレルギー薬は飲んでいません。

しかし、ここ数日くしゃみ、鼻水がひどかったので先生に相談。

すると今日は、5〜6月に多い花粉「カモガヤ」のアレルギー検査をすることになりました。

結果は、マイナス。

と言うことで、ハウスダスト(ダニ)の症状かな?と言うことに。

ダニが増える時期は、6・7・8月だそうです。

特に、梅雨時期はダニのピーク時期です。

ダニ対策は引き続きしっかりおこなっていきます!!

2022年7・8月

特に症状は出ず、比較的平穏に過ごせました。

最新情報

2022年9月

スギ花粉の薬シダキュアを開始して1年が経過しました。

秋はブタクサの花粉が飛ぶ時期です。秋にくしゃみや目の痒みなどの症状が出る人はブタクサかも…。

私は今のところ快適に過ごせています。引き続き治療を続けていきます。

まとめ

2年目のスギの時期はどのくらい症状を抑えられるのか。

期待を胸にこれからも毎日の服薬を続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました