ダイソーのキャップ用日焼け防止ガードはアウトドアに必須

アウトドア

先日キャップをかぶって山に登り、首が日焼けでヒリヒリしてしまった登山初心者のひさまぁです。

というわけで、ダイソーで「キャップ用日よけガード」を買ってきました!

スポンサーリンク

ダイソー キャップ用日よけガード

ダイソー。キャップ日よけガード。

なんでもひとまず100均をのぞいてみる私。期待を裏切らずありました。

ダイソーの「キャップ用日よけガード」税込110円。

クリップがついているので、お手持ちのお気に入りのキャップに簡単につけられます。

サイズ 25cm×25cm

布地 ポリエステル

カラーはブラックとグレーの2色。

生地はUV加工ではないですが、首元を直射日光から守ってくれます。

白は光を反射しますが、紫外線は通しやすい。黒は熱はこもるが遮光性は高く紫外線を通しにくい=日焼けを防ぐ。

熱がこもると言っても下はあいているので通気は良く、接触冷感生地なのでさらさらで涼しい。

日よけガードを装着したところ。

思ったより後ろ全体を覆ってくれます!!

キャップに日除けガードをつけたところ

髪が長くて結んでいる方。キャップの後ろの穴からポニーテールを出しますよね?

キャップ用日よけガードは後付けなので、ポニーテールを邪魔することなく取りつけることができます。

ポニーテールをして日除けガードをつけたキャップをかぶったところ

実はもう一つキャップ用の日よけガードがあったのですが、クリップで帽子に取り付けるのではなくゴムでおでこに留めるタイプ。

同じように手持ちのキャップに日よけを作ることができます。

こちらはセリアで110円商品。

でもね、この帽子の下…あの、あれです、サッカー選手がおでこに紐巻いているじゃないですか?あんな感じになります。

オーレーオレオレオレー

汗をかくとキャップを何度も被り直したりするので、その度にゴムの位置も調整しなきゃいけないです。

一方クリップ式はキャップに取り付けてしまえば、日よけガードを取り付けたまま帽子を被ったり脱いだりすることができます。

私はクリップ式をおすすめします!!

この後、日よけガードをつけたキャップをかぶって登山にいきましたが、日なたを歩くときも首は守られていました!

まとめ

お気に入りのキャップに一瞬で取り付け可能の、ダイソーキャップ用日よけガード。

登山だけじゃなくウォーキングやキャンプなどアウトドアの他、小さな子供さんが外で遊ぶ時にも役に立ちそうです。

日焼け対策はしっかりしてアウトドアを楽しみましょう♪

360度完全防備でアウトドアにのぞみたい方はこちら。

顔の前面も日焼け防止!

コメント

タイトルとURLをコピーしました