ライトタイプ登場。ユニクロ吸水ショーツは漏れる?ナプキンは必要?

生活

ユニクロの吸水ショーツ。

ライトタイプが出たのでさっそく使ってみました。

以前から販売されている、ユニクロエアリズム吸水サニタリーショーツの記事はこちら

スポンサーリンク

ユニクロ エアリズム吸水サニタリーショーツ ライト

こちらユニクロの吸水ショーツのライトタイプです。

ユニクロ吸水サニタリーショーツライトタイプの包装

履いてみた感想は、軽い!!

薄くてサラサラ。

形もレギュラータイプより股上が短くて、コンパクトになってます。

ユニクロ吸水サニタリーショーツ。普通タイプとライトタイプの比較。
左が普通タイプ。右が今回購入のライトタイプ。

レギュラータイプは、ばつぐんの安心感。

だけど形は、おばぱん…ゴニョゴニョ。

ライトタイプは形も色もスタイリッシュです。

ユニクロ吸水サニタリーショーツ
ユニクロ公式より。

価格

価格は、税込みで1,990円。

レギュラータイプより吸水量は少なく、布面積もかなり減りますがお値段は同じです。

こちらのライトタイプは、女性を美しく見せる「曲線美」が国内外で注目を集める日本のファッションブランドMame kurogouchi とのコラボアイテムです。

ちょっと覗いてみたのですが、コートが10万円近くするブランドでした…( ̄◇ ̄;)

(ショーツのこの価格設定も納得…)

シリーズ内であれば、ショーツとブラジャーなど同じ色でセットアップが可能です。

ひさまぁ
ひさまぁ

これはうれしい!

構造

3層構造で、内側から

  1. 速乾&抗菌防臭
  2. 吸水シート
  3. 防水シート

となっています。

吸水量

3層の真ん中の「吸水シート」が経血を吸収してくれます。

ユニクロ吸水サニタリーショーツのライトタイプの給水量は10〜15ml。

レギュラータイプの給水量が30〜40mlの給水量なので、ライトタイプはその半分以下です。

素材

素材は、ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル。

生地全体にはエアリズムが採用されています。

カラー

カラーは3色で、ブラックと色味の違うブラウンが2色。

さすがコラボ商品。上品な艶があります。

ユニクロエアリズム吸水サニタリーショーツライトタイプは光沢のある生地
光沢のある生地
ひさまぁ
ひさまぁ

高級感のある色だったよ。

普通タイプとライトタイプの違い

ユニクロ吸水サニタリーショーツの、普通のタイプとライトタイプの違い。

下の方は、個人の感想です。

普通タイプライトタイプ
価格1,990円1,990円
給水量30〜40ml10〜15ml
履き心地厚くて重い軽い
見た目おしゃれさはないが安心スタイリッシュでおしゃれ
生地マットな感じ光沢がある

ナプキンなしだと漏れる?

普通の吸水ショーツと同じ感じではくと、間違いなく漏れます!!

吸水量は圧倒的に普通タイプの方が安心です。

ちなみに吸水シートですが、普通のタイプは背中まであるので、生理じゃない日にはくには重たいし夏は蒸れます。

吸水ショーツ。普通タイプとライトタイプの吸水シート部分の比較。
吸水部分比較。左が普通タイプ。右がライトタイプ。

いっぽう、ライトタイプの吸水シート(黒い部分)はショーツの半分くらいまで。

ユニクロ吸水サニタリーショーツの吸水シート部分
ライトタイプの吸水シート

生理のタイミングがよめないから普段から履いておきたいという人は、スリムタイプが向いてます。

ひさまぁ
ひさまぁ

吸水量が多くなるほど、全体的に分厚くなるね。

マチ部分は二枚重ねになっていて、羽付きナプキン対応となっています。

吸水ショーツのマチ部分は二重になっている
ひさまぁ
ひさまぁ

急にはじまった時も安心。

まとめ

今や吸水ショーツは下着屋さんでもたくさんの種類から選べます。

多い物では100ml以上吸収してくれる物もあるようです。

GUやスリコ、そしてダイソーにも売っています!!

ユニクロとGUの吸水ショーツ比較記事はこちら

以前より価格もお手頃になってきているので、自分に合うものを見つけましょう!

吸水ショーツと相性の良い生理用品についての記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました