スリコで3,000円のジンバルを購入。登山での使用レビュー

登山
スポンサーリンク

スリコこと「3coins」でジンバルを購入しました。

ジンバルが欲しくてAmazonや家電量販店で探していたところ、近所のスリコで3,000円のジンバルを発見。

  • 3,000円のジンバルって安いけど、正直どうなの?
  • おもちゃみたいじゃない?ちゃんと使えるの?

【結論】思ったより良かった!!

ジンバル初心者なので他と比べたことは無いからもっと高機能のものはあるのだろうけど、初めて使ったからこそ「もう、これで十分じゃ?」となりました。

  • とりあえずジンバルが欲しいけど、どれがいいかわからない
  • 初めて購入するのに高価なジンバルを買って後悔したくない
  • 軽いジンバルが欲しい

スリコのジンバルはそんな人向けです。

3,000円なので致命傷にはならない価格。

まずはどんなものか使ってみてジンバルを使いこなせそうなら、レベルアップしていきましょう。

スポンサーリンク

スリコ シャッター付き三脚スマホジンバル

スリーコインズのスマホ用ジンバル

重量 235g

サイズ 約19×7×4㎝(折りたたみ時)

ホルダー対応サイズ 約8.5㎝まで

良かったところとイマイチなところ。

よかったところ

  • 基本性能は揃っている。(ジンバル、自撮り棒、リモコン、三脚)
  • 軽くて持ち運びに便利。持っていて疲れにくい。

家電量販店で何種類かジンバルのサンプルをみたのですが、だいたい上記の基本性能は揃っている感じでした。

実際に手に取って試してみたエレコムのジンバルは、スマホをつけていない状態でも重かったです。

エレコムの方が重い分、素材に高級感はありました。

イマイチだったところ

ジンバルの向き(縦・横)がセルカ棒側でも操作できるとなお良い!(スリコのジンバルはスマホを取り付けている側でしかできない)

イマイチというか、ついていたら良かった機能ですね。

Amazonで調べていると、高価なジンバルには手元でスマホの向きを操作できる機能がついているものもありました。

その機能が欲しい方は、スリコのジンバルでは手元で向きの操作はできないので注意です。

機能

自撮り棒

伸縮バーを伸ばすと自撮り棒になります。

ジンバルの伸縮棒を伸ばしたところ

手元のリモコンをBluetoothでつなげば、伸縮棒を伸ばした状態でもシャッターが押せます。

ジンバルのグリップの上のシャッターボタン

三脚

三脚機能

折り畳まれたグリップ部分を開くと三脚になります。

三脚使用時も伸縮棒を伸ばせば、高さ調整できます。

シャッターリモコン

リモコンは10mの距離までなら使えます。

三脚とリモコン

付属しているリモコン用電池はテスト用です。

電池が切れた場合はコイン電池(CR1620)を交換します。

ジンバル

ジンバルはボタン一つで縦方向、横方向どちらも使えます。

ジンバルに縦向きにスマホを取り付けたところ
ジンバルに横向きにスマホを取り付けたところ

ジンバルはカメラを一定の向きに保ち揺れや傾きを軽減してくれるので、スマホを手に持っての撮影よりスムーズな動画が撮影できます。

使い方

充電式となっています。電池が無いぶん軽いです。

付属の充電ケーブルがついていますので、初めて使用するときは充電を満タンにしてください。

充電器本体はついていないので、手持ちの充電器に付属ケーブルをつなげてください。

充電時間の目安は2〜3時間。使用時間目安も2〜3時間と記載があります。

ジンバルを付属ケーヴ流で充電しているところ

ちなみに、私は付属ケーブルが何の物かわからなくなるので購入後すぐにテプラで名前をつけます。(今回はジンバルと印刷したテプラを貼っています。)

リモコンはスマホとBluetoothで接続しておきます。

リモコンは電池ですが、ジンバル本体は充電式なので使用する前に充電は満タンにしていきましょう。

充電が完了したらさっそく使ってみましょう。

ストッパーから外れたブラブラの状態で、スマホを取り付け電源3秒長押ししオンにします。

電源オン時は、LEDは緑色に点滅。

ジンバルの電源

起動すると自動で回転し、横向き・縦向きで地面に対して水平を維持します。

縦・横の向きを変えたいときは、電源ボタンを押せば自動で変わります。

ジンバル機能を試してみた

登山に出かけた時に、山頂で撮った動画です。

スリコのジンバルで撮っています。

動画の揺れ自体は手に持って撮影した時とそんなに変わらないかもしれませんが、長く動画撮影していると手が痛くなるので、私はジンバルの方が楽に感じました。

今回はただただ撮影しただけですが、子供やペットなど自分より小さい対象や、走ったり運動している様子を撮る場合は、臨場感あふれる動画が撮れそうですよ。

おわりに

初めてのジンバルだけど私には申し分ない使い心地でした。

登山をする時、毎回自撮りをして見切れていたのですが、今回は三脚を使いリモコン操作で記念写真が撮れました。

自撮り棒を買うなら、少し高いけど自撮り、三脚、シャッター、ジンバル機能付きの方をおすすめします。

スリコの商品はこちらから購入できます→3COINS(スリーコインズ)公式通販サイト

軽さ重視の方は超軽量がおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました